NEWS

2019年度 第68回 朝日広告賞の一般公募の部で2作品が入賞!

#アワード

12 / 25 . 2020

朝日広告賞は、1952年に創設され、実際の紙面に掲載された広告を対象とする「広告主参加の部」と才能あるクリエイターが腕を競う公募課題を選んで応募する「一般公募」で構成されています。一般公募の部では1,687点の応募作品から22点、広告主参加の部では300点のエントリー作品から30点、それぞれの入賞が発表されました。
一般公募の部では弊社より2作品が入賞、広告主参加の部では弊社が制作に携わった1作品が入賞しましたことをご報告いたします。

 

入賞作に関する詳細は下記の通りです。

 

一般公募の部

<入選>

作品タイトル 「どっちのにおい?」
C:大野聡馬
AD:川﨑高秀

制作にあたっての思いや受賞の喜びなどのコメントは以下―。

 

2020年の1月、引っ越し先をはなし合っている際ポロっと彼女からこぼれた言葉をメモしておいて、このコピーにしました。ビジュアルのコンセプトは、スメルキスです。お互いのにおいを意識するモチーフ選びをしました。

2021年も大野川﨑ペアでいい仕事を積み重ねていきたいです。引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。(大野)

 

 

<入選>

作品タイトル 「現代の転機には。」

CD/C:三宅幸代
CD/C:北川秀彦(電通テック)
AD:國本翼(電通テック)

制作にあたっての思いや受賞の喜びなどのコメントは以下―。

 

「転職」には勇気が必要ですが、有名なあの方もあの方も、実はセカンドキャリアだったりします。転機がほしいなら転職してみるといい。思った以上にうまくいくかもしれない。畑違いだと思っていた経験も強みになるかもしれない。そんなメッセージを3人の偉人に込めました。

朝日広告賞をいただけてうれしいです!これからも頑張ります。そして、一緒に挑んでくれたチームの2人に御礼申し上げます。(三宅)

 

 

広告主参加の部

<準出版部門賞>
広告主:集英社
タイトル:2020年 正月広告
広告会社: ADKクリエイティブ・ワン/ADKマーケティング・ソリューションズ