NEWS

広告されない、ちいさなモノゴトマガジン「ちい告」第4号発行。今号は、テレビ東京ドラマ25「捨ててよ、安達さん。」との特別コラボ企画も!!

#事業・サービス

3 / 31 . 2020

ADKクリエイティブ・ワンから、昨年5月に創刊したフリーペーパー「ちい告」。この度、第4号の配布を開始したことをご報告いたします。

詳細は下記の通りです。

 

 

<「ちい告」第4号のごあいさつ>

 

ちょうど1年前の今ごろ。「ちい告」をつくり始めました。

名前を決めて、中身を決めて、形を決めて、

紙を決めて、置いてくださるお店を訪ねて。

試行錯誤しながら、送り出した「ちい告」も、

ついに4号目、季節を1周することができました。

今号では、初のコラボ企画にもチャレンジしています。

あの頃は想像もできなかったお声かけに、

そしてこの1年お世話になった方々に、

感謝の気持ちでいっぱいな第4号です。

近ごろ心配な状況がつづいていますが、

そんな日々の、ちいさな休息になれたなら。

こんな「ちい告」冥利に尽きることはありません。

どうぞ、のんびりお楽しみください。

 

 

<テレビ東京ドラマ25「捨ててよ、安達さん。」と特別コラボ!>

 

安達祐実さんが本人役で主演、豪華キャストと個性的なストーリーで話題沸騰中のテレビ東京ドラマ25「捨ててよ、安達さん。」(テレビ東京、テレビ大阪ほか/4/17(金)深夜0:52〜) との特別コラボ企画を掲載しています。ドラマを観てから読むもよし!読んでからドラマを観るもよし!

「捨ててよ、安達さん。」のお話や世界観を、「ちい告」初となるコラボ企画のなかでも、お楽しみください。

 

 

 

<ちい告特徴>

 

広報誌ではなく、自由な「ZINE」。

「ちい告」はADKクリエイティブ・ワンオフィシャルの発行物ではございますが、一般的な広報誌にあるような、企業に関する情報は一切載っておりません。近年若者の間でブームになりつつあるインディペンデントな読み物「ZINE」。自由なテーマで伸び伸びと書かれた表現や、クリエイターの個性が光る手作り感が人気を呼んでいますが、「ちい告」は、そんな「ZINE」の特徴を取り入れています。広告コピーライターとアートディレクターの「言葉」と「絵」を、広告ではない自由なカタチで、多くの人にお届けするためのツールです。

 

デジタル時代だからこそ、かえって手軽なアナログさ。

「ちい告」は、名刺サイズのカードを10枚重ねた極小フリーペーパーです。

情報が溢れるこの時代、日々たくさんの情報に触れている人たちでも、持ち帰りやすく、

記憶の隙間に入りやすい、ライトな文量・サイズ感・内容に設計しています。

さらに、デジタルでは表現できない手触りや佇まいにこだわって、紙のみの展開です。

 

 

<メンバー>

 

共同編集長:片岡良子(navy)、川瀬真由(ADKクリエイティブ・ワン)

アートディレクター・デザイナー:大橋謙譲 (CHERRY)

プリント・プロデューサー:根岸治、松永雄記(共にADKクリエイティブ・ワン)

 

 

<「ちい告 第4号」取り扱い店舗>

 

■書店・雑貨店

・蔦屋書店(中目黒/代官山)

・本屋B&B(下北沢)

・ユトレヒト(表参道)

・青山ブックセンター(表参道)

・SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(渋谷)

・THINK OF THINGS(千駄ヶ谷)

・東塔堂(渋谷)

・dessin(中目黒)

・ONLY FREE PAPER(全国の支店/図書館含む)

■飲食店

・Baro(白金)

・ルスルス(浅草)

■ギャラリー

・L’illustre Galerie LE MONDE(原宿)

 

※配布開始は4/6(月)〜の予定。

※在庫なくなり次第終了となります。