NEWS

フードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」様のコミュニケーション・ツールを開発

#事業・サービス

4 / 8 . 2022

株式会社ADKクリエイティブ・ワン(以下、ADKCO)は、セカンドハーベスト・ジャパン(以下、2hj)とプロジェクトチームを結成し、コミュニケーション・ツールの開発を開始いたしました。

 

 

ADKグループは、『すべての人に「歓びの体験」を。』というパーパス(社会的存在意義)を策定し、人々の生活をより豊かにするマーケティング会社を目指しています。一方、2hjは「すべての人に、食べ物を。」という理念を掲げ、日本全国にフードセーフティネットを構築することを目的に、フードパントリーの立ち上げと運営に関しての支援を続けている日本初のフードバンクです。「ハーベストセントラルキッチン」「ハーベストパントリー」「フードバンク活動」「政策提言と発展」という4つのプログラムを中心に、これまで多くの食品を提供してきています。

https://2hj.org/

 

ADKCOは、「その日の食事に困る人がいる。なのに、毎日大量の食べ物が捨てられている。」という実態がある中で、2hjの「だれもが食べることに困らない社会をめざして、余っている食べ物を必要とする人につなぐ」活動に強く共感。ADKCOの強みであるクリエイティブを通じた課題解決ができるのではないかと、2hjとプロジェクトチームを結成し、コミュニケーション・ツールの開発を開始しました。

その第一弾として、パントリー運営に関しての説明会用資料を作成。それまで2hjの各部門に散在していたコンテンツの集約・精査を行い、よりオーディエンスを強く意識した形での構成、伝わり易さを重視したデザイン等の工夫を凝らした資料を作成いたしました。本資料は、まずは、コロナ禍によりオンライン開催へ変更となった2hj主催のフードパントリー運営者向け説明会にて使用される予定です。

https://2hj.org/report/5360/

 

 

今後も、様々なパートナーと共に、社会課題の解決に貢献してまいります。